看護師の仕事復帰支援

看護師というのはいまだに女性が多く、それに伴い多くの場合、結婚や妊娠・出産などで仕事を離れなければならない時がきます。家事や育児に追われ、長い時が立ち、看護師として復帰したいと思うときには、仕事を離れ何年も経っていた…という話はよく聞きます。

そして、看護師の免許を持ちながら、看護師として働いていない人もいます。そういった看護師を潜在看護師といいますが、そういった人たちが看護師として復帰するのに何年のブランクがあっても構わないのです。ただ、一つ問題なのが、看護師自身の不安です。看護技術と言うものは看護の世界にいないと磨かれず、離れている間にどんどん落ちていきます。看護知識でもそうです。仕事をしていないと忘れていきます。どのような仕事でもそうでしょうが、看護師の仕事は患者の生命にかかってきますので、不安は大きいと思います。そんな看護師たちも復帰の際のポイントをおさえていれば、自信を持って復帰することができるようになります。

看護師の基本の復習をするために、看護師復帰支援セミナーなどに積極的に参加すると言うことです。このセミナーは看護師専門の転職支援サイトなどで開かれていて、多くの看護師が利用しています。それに復帰支援研修などの体制が整った病院もあります。こういったセミナーや病院を見つけて復帰に繋げていけば良いと思いますし、それでも技術に不安がある場合は、介護施設などで働いてみるというのも良いかもしれません。介護施設は介護師やケアマネージャーと共に看護師も常駐しています。その中での看護師の主な役割は、利用者の健康管理です。バイタルチェックや薬の管理などを行うので医療行為が少なく安心して仕事をすることが出来ます。

看護師は昔から人手不足と言われてきましたので、離職している看護師が復帰してくれるというのはかなり有難いことだと思われます。せっかく看護師の免許を苦労して取得したのだから、復帰せず潜在看護師になるのは勿体ないことだと思います。復帰に対する不安を少しでも取り除き、復帰に向け準備していくことが重要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です